子供の居ない夫婦こそ遺言を検討するべき

遺言については、みなさんもよくご存じかと思いますが、まだまだ遺言を残される方は少ないですね。

今日は、子供の居ないご夫婦が遺言を残した方が良い理由について説明します。

まず法定相続人についてですが、配偶者は常に相続人になります。
そして、子供が居れば子供と配偶者が相続人になるので問題はありません。

しかし、子供が居ない場合は、配偶者と直系尊属(親や祖父母)、直系尊属が居ない場合は、配偶者と兄弟姉妹が相続人となります。

子供の居ないご家庭の場合、よく『自分が亡くなったら妻が全部相続するから問題ない』と言われる方がいらっしゃるのですが、兄弟姉妹がいる場合は、兄弟姉妹の方も相続人となります。

兄弟姉妹の方に対して相続分を支払う為に、奥さんが自宅を売却しなければならない事態になったり、自宅以外の預貯金を兄弟姉妹にもっていかれて、奥さんが生活に困窮すると言う事もあります。

兄弟姉妹ならまだしも、兄弟姉妹が既に亡くなっていて、その子供が相続人となった場合などは、親戚感情よりも自分の権利を主張する事が多いので、遺産分割の場面になって相続放棄をして欲しいと言っても聞いてもらえない事があります。

また、嘘みない話ですが、存在も知らなかった異父兄弟・異母兄弟がいる事もあります。
全く面識のない異父兄弟・異母兄弟も相続人になります。
そして異父兄弟・異母兄弟が亡くなっている場合には、その子供が相続人になりますので、こうなってくると、遺産分割協議は難航します。

しかし、遺言を残しておけば、このような問題を避ける事ができます。
『全財産を配偶者に譲渡する』
としておけば良いのです。

子供や直系尊属に認められている遺留分(法定相続人に最低限認められている相続分)は、兄弟姉妹にはありませんので、遺言で配偶者に譲渡してしまえば、兄弟姉妹は相続人にはなりません。

遺言は面倒とか、縁起でもないと敬遠される方もいらっしゃいますが、残された家族が笑顔で過ごせるようにする為にも考えるべき事ではないでしょうか。

※この記事は相続コンサルタント 朝比奈秀二からの転記です。