配偶者に相続税はかからない?

配偶者には相続税がかからないと言われる事がありますが、正確にちょっと違います。

相続税はかかるのですが、相続税の配偶者控除と言うものがあり、それがかなり優遇されているので、相続税がかからなくなるケースが多いと言うものです。

具体的に配偶者控除とは、配偶者の法定相続分と、1億6000万円の多い方まで非課税になります。

子供、直系尊属、兄弟姉妹が誰も居ない状態で、配偶者だけが法定相続人になる場合などは、相続財産の100%が配偶者の法定相続分になるので、相続財産がいくらでも(極端な話10億円とかでも)配偶者控除で非課税になります。

これを、相続税の節税として利用出来るケースもあります。

例えば、法定相続人が配偶者と子供のケース
子供が相続放棄をしてしまうと、直系尊属や、兄弟姉妹に法定相続人が移ってしまうので、放棄はせず、遺産分割協議で子供の相続分を極端に小さくして、配偶者の相続分を増やします。
仮に相続税の総額が1億円だったとします。
配偶者の法定相続分は5000万円ですが、1億6000万円までは非課税になるので遺産分割協議で、配偶者9900万円、子供100万円などで分割すれば、全体の相続税は100万円に対してになります。
(実務では子供が未成年の場合、利益相反などの問題で特別代理人を立てるケースなどもあります)

これは、子供が小さい時や、配偶者が若い時には有効な方法です。
しかし、配偶者も高齢の場合は、2次相続の問題を考えなければなりません。

相続税は累進課税なので、金額が大きくなるほど相続税額も高くなります。
2次相続を考えて、先に子供に半分相続させた方が有効な場合も出てきます。

※この記事は相続コンサルタント 朝比奈秀二からの転記です。