早く売る為のポイント① ホームステージング

自宅を早く売却する為の方法に、ホームステージングと言う戦略があります。

ホームステージングとは、1970年代にアメリカで始まり欧米では中古住宅の販売では当たり前となっています。
日本は、中古市場より新築市場のほうが活況な事もあり、まだまだ馴染みは低いですが、中古住宅の販売においては重要な戦略となります。

最近は、中古住宅でも不動産会社がリノベーション再販売している物件などは、家具を置いてホームステージングを施して物件も多く見られるようになりました。

内覧者は、家具などが全く無いお部屋では、部屋の広さが掴みにくいと言った所があります。
ホームステージングがしてある事で、どれくらいの家具が入るとか、そこで生活するイメージを持つ事が出来ると言うメリットがあります。

しかし、売主が居住中の販売でホームステージングを行っている物件となると、かなり少ないのが現実です。

居住中物件でホームステージングを行うメリットは、家具などは売主の実際に生活している家具をそのまま使えるので、費用が安く収まる事です。

ホームステージングを行うポイントとしては
物を減らす
色を減らす
匂いを減らす
フォーカルポイントを作る

となります。
まず、内覧時に必要以上に物が溢れている状態は良くありません。
収納出来る物は極力収納して、収納に収まらない物などは、段ボールに入れるなどして物を減らします。
あと、売主の個性が強すぎるものなども、印象が残り過ぎてお部屋の良さを伝えづらくなるので、内覧時は片づけるようにしましょう。

次に、色を減らします。
お部屋に、あまりに色が多いと雑多な印象になってしまいますので、あまりにカラフルなカーテンやクッションカバーなどは、内覧時には外した方が良いでしょう。

そして、匂いですが、毎日暮らしていると自分の家の匂いはわからない物です。
玄関など、内覧者が第一印象を受ける場所には、フレグランスなどを置いておくようにします。

最後にフォーカルポイントですが、リビングやお部屋に入った時に、一番最初に目に入る場所がフォーカルポイントになります。
この部分に、花や観賞植物、スタンドライトなどお洒落なアクセントを置く事で、内覧者に良い印象を与える事が出来ます。

住みながら自宅を売却する時は、売主様の協力が不可欠になります。
内覧者(買主候補)に良い印象を与えられる事で、早く売る事が出来ます。

※この記事は相続コンサルタント 朝比奈秀二からの転記です