建物アドバイザー

建物アドバイザーの講習・試験に行ってきました。

建物アドバイザーとは、NPO法人の認定資格で、建物のインスペクションを行う資格です。

ホームインスペクターとの違いは、ホームインスペクターが学科試験なのに対して、建物アドバイザーは実地試験と言う所です。

画像は、打診棒と言う道具を使って外壁タイルの浮きを検査しています。
実際に床下や小屋裏の検査や、床・壁の傾きの計測など様々なチェックをして報告書を提出します。

昨日、夜遅くまでかかって報告書を作成して提出しました。(あとは合格するのを祈ります)

この資格を受けようと思ったのは、物件のご案内をした時にお客様に対して建物についてのアドバイスが出来ればと言う事と、売却時にも売主さんのお宅を正しく査定したいとの考えからです。

ただ、とにかく疲れましたので、今日はゆっくりさせて頂きます。