鍵の交換について

こんにちは!
今回は、鍵の交換についてです。

中古のマンション、中古の戸建てを購入した場合
住宅の鍵は基本的に交換されておらず、
そのまま既存の鍵をお引き渡しとなります。

リノベーション工事済みのマンションであっても、
鍵は新規交換済みのものではありません。

もちろん理由は、合鍵の本数、複製の懸念からです。

新築の物件につきましては、その限りでなく、新規の鍵をお渡しします。
建築中、建築デベロッパーや工事業者は工事用の鍵で出入りしておりますが、
お引き渡し後、購入者が新品の鍵を利用した瞬間に
工事用の鍵は利用が出来なくなるようになっています。

話は中古物件に戻ります。
中古物件でお渡しする鍵は旧所有者の他、
作ろうと思えば、販売中の内覧時にも複製できてしまいます。
不特定多数の方が使用していた鍵ですので、
安全面を考えますとお引き渡し後、
速やかに新規の鍵に交換することが望ましいところです。

お部屋の鍵が
オートロックに連動している鍵の場合は、
マンション管理会社を通し、新規の鍵作成が必要になります。
費用は3万円~4万円くらいが多いようです。

オートロックが無いマンションや連動していない鍵は
ご自身でお探しの業者さんでの交換となります。
(弊社でもご紹介は可能です)

種類は様々で、
従来からのギザギザタイプのもの、
ディンプルタイプのもの、
カードキータイプのもの、
暗証番号、生体認証などなど

代表的な
MIWAのU9(ギザギザタイプ)で20,000円前後
ドルマカジャパンのカバエース(ディンプルキー)で25,000円前後
が相場のようです。
価格はメーカーや防犯性能により開きがあります。

また、
ドアに鍵が1つの場合、
2つ目の鍵を取り付ける方も多くいらっしゃいます。
業者が出張し、専用の工具でドアに穴をあける必要があり、
事前に管理会社に届け出や相談をする必要がありますのでご注意ください。

鍵は大切な財産を守るための最後の砦です。

鍵の交換の他にも、
サムターン回し対策やこじ開け対策、
窓の防犯対策(防犯フィルムやファスナーロック、インナーフェンスなど)
防犯商品は多岐にわたります。

無駄に費用をかける必要はありませんが、
しっかりとした防犯対策を行いましょう。

※この記事は横浜マンションナビからの転記です
(不動産コラムをこちらのサイトに移行しています)