内見時にチェックしたい電気設備

内見に行った際に見落としがちですが、ブレーカーのアンペアー数や、配電方式によって居住した後に使おうと思っていた電化製品が使えないと言った事態にもなりかねませんので、注意が必要です。

まず、アンペアー数(電流容量)についてです
ブレーカーに40Aなどと記載されていいるものですが、マンションの場合各住戸あたりの上限が決められている場合が多いです。
容量が多いと電気代の基本料金が高くなので、多ければ良いと言うのもでもありませんが、現代では、エアコン、炊飯器、電気ケトルなど使用容量の高い電化製品を使う場合も多いです。
また、エアコンも各居室につけて、それぞれのお部屋でエアコンを使うという事もあると思います。

一般的にファミリー向けのマンションでは、40A~60Aのブレーカーが付いている事が多いですが、築年数が古いマンションなどでは30Aや20Aになっている事もあります。
何人で居住するのかにもよりますが、20Aや、30Aになっている場合は、アンペアー数を上げる事が出来るのか確認しておいた方が良いと思います。

現在はエアコンも省エネタイプが増えていますが、それでも1基あたり10A位(目安)は使用します。
リビング以外に居室にもエアコンを付けている場合、電流容量が低いと同時に2基のエアコンを付けられないなどと言ったケースもあります。

他に、使用容量の高い電化製品としては、電気式の床暖房、IHコンロ、電気炊飯器、電気ケトル、ドライヤー、などが一般的です。

次に、配電方式についてですが、チェックポイントとしては、『単相2線式か単相3線式のどちらなのか』だけです。

単相2線式では200Vの電化製品が使えません。
200Vの電化製品で一番使うのはエアコンです。(IHコンロなどの、リフォーム時に施工する物は除く)
14帖タイプまでのエアコンは100Vで大丈夫ですが、16帖タイプ以上のエアコンは200Vが必要となります。

管理組合の許可などで、2線式から3線式に変更出来る場合もありますが工事費用が割と高額になります。

2線式か3線式かのチェックは、ご自分では難しいかと思いますので、内見時など不動産会社の営業マンに聞くのが良いと思います。

※この記事は横浜マンションナビからの転記です
(不動産コラムをこちらのサイトに移行しています)