仲介手数料っていくらかかるの?

不動産を売買する際には仲介手数料が掛かります。
賃貸の場合も必要なのですが、賃貸の場合は家賃の1か月分と分かりやすいです。
しかし、売買の場合はちょっと複雑なので説明します。

売買の場合は物件価格で仲介手数料金額が変わる

物件価格が200万円以下(税抜き)の場合は物件価格(税抜き)の5%+消費税が仲介手数料になります。

物件価格が200万円超え400万円以下(税抜き)の場合は、物件価格(税抜き)の4%+2万円と消費税になります

そして物件価格が400万円を超える場合は、物件価格(税抜き)の3%+6万円と消費税が仲介手数料になります

例えば、2000万円(税抜き)の物件を購入する場合、3%の60万円に6万円を足して66万円、これに消費税10%が追加されるので726000円が仲介手数料となります。

仲介手数料無料の物件とは?

仲介手数料無料と言う広告を見る事もあるかと思います
なぜ無料なのか?

宅建業者は1つの取引で受け取れる報酬額が決められています。
手数料の売主様分と買主様分、つまり前述した手数料の2倍が上限となります。
先程の2000万円物件の例で言えば、買主様から726000円を頂くわけですが、売主様からも726000円を頂く事が出来ます。
通常は、売主様側の宅建業者が売主様からの仲介手数料を頂き、買主様側の宅建業者が買主様からの仲介手数料を頂戴します。
しかし、売主様が建売業者などの不動産会社の場合、買主様側の業者が売主様からも手数料を頂く事が出来ます。
そして中には早く売りたい為に手数料を6%出すと言ってくれる売主業者さんもいます。
売主側から6%頂いた場合でも、取引全体で受け取れる報酬上限額は決められていますので、買主様から頂く仲介手数料は少なくなります。

つまり仲介手数料無料の物件とは、売主様が取引にかかる仲介手数料を全て出してくれている為、買主様の仲介手数料が無料になると言う事です。

中には、こう言った物件を専門に取扱って、会社自体が仲介手数料無料と広告をしている仲介業者もあります。
しかし、仲介手数料としては報酬上限が決められている為、仲介手数料無料としておいて、ローン代行手数料など他の名目で費用が掛かる会社もあるので注意が必要です。

仲介手数料無料が必ずしも得とは限らない

確かに仲介手数料無料と言うのは魅力ですが、必ずしも得だとは言えない部分もあります。

まず一番は物件が限られてしまう事です。
売主様側から手数料が出ない物件は紹介してもらえないので、本当に自分にピッタリ合う物件を見逃してしまう事もあります。

仲介手数料は何故必要か?

昔は、物件を探そうと思ったら不動産会社に行かなければ行けませんでした。
今ではインターネットを使って自分で物件を探す事が出来ます。
仲介業者の存在意義が薄れているのではないかと言う意見もありますが、現在も不動産会社でなければ紹介してもらえない物件は多いです。
インターネットなどで探せる物件は、売主様が広告を了承している物件のみとなりますので、流通している物件の一部だけなのです。

また、物件の内覧も基本的には不動産会社の人と一緒でなければ出来ません。

不動産の売買においては、色々と面倒な手続きも多いです。
書類取得の為に何度も役所に行ったり、ローン手続きの代行など、それら諸々を全て任してしまえるのも仲介手数料を支払うからです。

※この記事は横浜マンションナビからの転記です
(不動産コラムをこちらのサイトに移行しています)