管理費・修繕積立金って何に使われてるの?

マンションを購入した場合、毎月かかるランニングコストに『管理費』『修繕積立金』があります。
これらが何に使われているのかをご説明します。

管理費は、字の通り管理に使う費用です。
管理人さんがいるマンションでは、管理人さんのお給料がかかります。大抵は管理会社に管理費として支払い、管理会社から管理人さんが派遣されて来る形です。管理人さんがいるマンションでは、毎日共有部分の掃除などをしてくれていますがそう言った費用です。
自主管理のマンションなどで管理人さんが居ない所は、共有部分の清掃は当番制など自分達で行わなければいけません。
また、エレベーターのあるマンションではエレベーターのメンテナンス維持費も管理費からまかなわれています。エレベーターの無いマンションの方が管理費が安いのはこれが原因です。
あとは共有部分の電気代や水道代なども管理費から支出されています。
その為、共有施設の充実したマンション(プールやトレーニングジムなどが付いているマンション)では管理費は高くなります。
分譲マンションでは、年に1回程度総会が行われ管理費の使い道などが報告されますので気になる方は出席してみると良いでしょう。

次に修繕積立金ですが、これは外壁の塗り替えや配管の老朽化などに備え蓄えておくものです。
マンションの場合、建物全体の修繕は管理組合が行いますがその費用を全世帯で積み立てます。
戸建ての場合は屋根の修繕、外壁の塗り替えなど必要となった時に自分で支出しますが、その代わりに毎月積み立てておくと言った具合です。
修繕積立金は世帯数が多いマンションほど1世帯あたりの負担は小さくなります。
修繕計画などは管理組合や管理会社で決めるのですが、これについても総会で報告されます。

時々、総戸数が少ないのに修繕積立金が安いマンションもあります。
そう言ったマンションでは、あまり修繕にお金を掛けていないケースが多いです。
外観や共有部分はあまり気にしないので、修繕積立金は安い方が良いと言われるお客様もいらっしゃいます。
購入される方の考え方次第ですが、将来的にしっかりと修繕をと考えるのであれば、ある程度の修繕積立金は必要でしょう。
また購入する時には、これまでどのような修繕を行っているのか?現在、修繕積立金がどの程度積立られているのかを気にしてみても良いと思います。

管理費・修繕積立金は、金額だけでなく管理体制がどうなっているのか、修繕計画がどうかなどもみてみないと、購入してから失敗したと言う事になりかねません。

※この記事は横浜マンションナビからの転記です
(不動産コラムをこちらのサイトに移行しています)