不動産は購入と賃貸どっちが良いの?

持家か賃貸、どちらが良いかと言う話はFPの方や専門家が色々と書かれていますが、どちらが良いと言う結論はありません。

個人のライフスタイルに合わせて良いほうを選ぶかと思いますが、それぞれのメリット・デメッリトなどをご説明します。

まず、持家派の方の意見としては
『賃貸だと何十年家賃を払っても自分の資産にならない』
と言うのが多く言われます。
確かに毎月家賃を支払うのであれば、家賃の代わりに住宅ローンを組んで支払いを行った方が、不動産と言う資産を取得出来るので得だと言う考えです。

では、賃貸派の方の意見としては
『転勤が多く1か所に住み続けられるとは限らない』
『持家にしても子供が将来そこに住むかわからない』
『気分を変える為に引越しをする』
などの意見が多いです。
マイホームを購入してしまってから転勤になった場合、単身赴任するか、マイホームを売却、銀行等の承認が得られれば人に貸すと言った選択になります。
それらが煩わしいから最初から賃貸で良いと言うのも一つの考え方です。

購入と賃貸について、単純に金銭的な部分で考えてみます。
例えば3000万円でマイホームを購入。
30年後住宅ローンも支払い終わり、1500万円で売却したとします。
その場合、賃貸と比較すると30年間の家賃総額が1500万円より多いか少ないかが、単純な比較です。
仮に同じような広さを賃貸して月10万円の家賃だとすると、年間120万円、30年間で3600万円の家賃を支払う事になります。(この他に、更新料や引っ越す度に必要となる敷金・礼金も必要)
1500万円で売れたらと言う仮定なので、売却価格がもっと安い場合もありますし、購入後何年後に売却するか、売却時に住宅ローンがどれくらい残っているかによっても結果は変わりますが、単純な金銭的な部分だけを見ると購入のほうに分があるようです。
また、最近は銀行も諸費用ローンを組んでくれますので、昔のように頭金が相当額ないとマイホームを購入が出来ないと言う訳では無くて、購入のハードルも下がっています。

しかし、一概に購入が得だと言えない部分は、入居後にかかる費用です。
賃貸であれば、設備などが壊れたり、水漏れしたりなどは大家さんが修理してくれますが、購入したマイホームであればそれらは自費で治さなければなりません。
またマイホームの場合、毎年固定資産税と言う税金がかかります。

前述しましたが、マイホームを購入後転勤などで引っ越さなければならなくなったらどうするか?
単身赴任となれば、住宅ローンと赴任先の家賃の2重払いが生じます。
売却しようとした時に、住宅ローンの残額以上で売れる保証もありません。
マイホームは人に貸すと言う事を考えた場合、住宅ローンを組んでいる銀行の承認を得なければなりません。

次に内装などの自由度に関してですが、これは圧倒的に購入の方が良いです。
マイホームは自分の所有物ですから、室内をどうするかなどは好きに出来ます。
戸建てなどの場合は外観も自由に出来ますが、あまり奇抜な色などの外観は、近所から色々言われる可能性もあります。(楳図かずおさんの自宅が問題になった件は、楳図さん側が勝訴していますが裁判にまでなっています)
賃貸の場合、クロスを張り替えるのも大家さんの承諾が必要な場合もありますので、自分の好きな内装にしたい場合は購入を選んだ方が良いです。

購入か賃貸がで悩まれている方も多いかと思いますが、ご相談頂ければお客様のライフスタイルに合わせてご提案させて頂きます。

※この記事は横浜マンションナビからの転記です
(不動産コラムをこちらのサイトに移行しています)